13 11月 by 相続税 相続 遺産分割 相続税申告書作成 提出代行埼玉県さいたま市大宮区

持ち帰り 飲食料品か否か

(持ち帰りのための飲食料品の譲渡か否かの判定) 11 

事業者が行う飲食料品の提供等が、

食事の提供に該当し標準税率の適用対象となるのか、又は持ち帰り飲食料品に該当し

軽減税率の適用対象となるのかは、

提供等を行う時において、

相手方に意思確認するなどにより判定することとなる。
 なお、課税資産の譲渡等の相手方が、

店内設備等を利用する意思表示を行っているにもかかわらず、

事業者が「持ち帰り」の際に利用している容器に入れて提供したとしても、

当該課税資産の譲渡等は

飲食料品の譲渡に該当しないのであるから、

軽減税率の適用対象とならない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA