平成31年1月1日以降

寄託先美術館の設置者と特定美術品の寄託契約を締結し、

認定保存活用計画に基づき、

その特定美術品をその寄託先美術館の設置者に寄託していた者『被相続人」から

相続又は遺贈によりその特定美術品を取得した一定の相続人が

特定美術品の寄託先美術館の設置者への寄託を継続する場合には、

その寄託相続人が納付す
べき相続税の額のうち、

その特定美術品に係る課税価格の80%に対応する相続税の納税が猶予さ
れ、

寄託相続人の死亡等により、納税が猶予されている相続税の納付が免除されます。

Follow me!

お気軽にご相談下さい